ちょっぴりドライな貴方も素敵です。

夏を涼しく、楽しく過ごすなら、ひと手間加えたオリジナルドライTシャツがオススメ。

オリジナルのドライTシャツで暑い季節を楽しく!オリジナルデザインをプリントできるドライTシャツ・スポーツウェアの種類は数多くありまりますが、法人個人問わず、季節に適したドライTシャツ・プリンタブルスポーツウェアを選ぶのはちょっとした製品知識や印刷知識が必要。そこで「推しTeeふぁくとりー」が厳選した"1枚から印刷ができる"おすすめドライTシャツ・プリンタブルスポーツウェアをご案内!

※本サイトに記載のない商品はUnited Athle電子カタログ、 またはTOMS電子カタログ(printstar)を参照の上、ご相談くださいませ。

ドライTシャツ以外のプリント商品一覧
~ オリジナルプリント可能なアイテム一覧 ~

ドライTシャツはスポーツウェアとして人気の大定番印刷商品です。オリジナルプリントアイテムとしてはクラスTシャツやサークルTシャツとしてご依頼をいただくことがとても多く「メンバーと一緒のTシャツを」と考える方、クラスTシャツなどを自作したい人にとってはぜひ一度検討していただきたいマストアイテムと言えます。 ドライTシャツ以外のアイテムも各種プリントが可能ですのでぜひ下記のカテゴリよりご確認下さい。

  • Tシャツ

    印刷可能なTシャツー一覧

    オリジナルプリントウェアの中で圧倒的な人気を誇る大定番の半袖Tシャツ。定番からちょっと癖が欲しいこだわり派の方までおすすめできるバリエーションが特徴です。

  • 長袖Tシャツ

    印刷可能な長袖Tシャツー一覧

    プリントアイテムとして長袖が売れ始めるのは割と早く9月初旬からです。 近年夏でも人気が出始めている長袖Tシャツは隠れた人気アイテムとしておすすめです。

  • パーカー・スウェット

    印刷可能なパーカー一覧

    秋冬の定番オリジナルプリントはスウェット・パーカー。8.4ozの薄手のスウェットから 12ozの厚手タイプのものまで。自由自在にオリジナルプリントが可能です。

  • ポロシャツ

    印刷可能なポロシャツー一覧

    オリジナルポロシャツはなんとやはり名入れを含む刺繍が人気。スタッフシャツとしてポロシャツに刺繍を施す企業様は今も昔も数多くいらっしゃいます。

  • ドライTシャツ

    印刷可能なドライTシャツー一覧

    抜群の吸水性からスポーツウェアとして人気が定着しつつあるドライTシャツ。 チームウェアとしてオリジナルデザインで印刷されることが増えています。

  • ラグランTシャツ

    印刷可能な長袖Tシャツー一覧

    ベースボールアンダーウェアのイメージが強かったラグランですが、現在では 男性のみならず女性でも着用することが増えオリジナル印刷の業界でも人気が定着。

  • ジャケット・ブルゾン

    印刷可能なパーカー一覧

    ジャケットにぜひオリジナルデザインを!印刷のみならず刺繍での名入れやロゴ入れもとても人気です。 ジャケット・ブルゾンの印刷アイテム選定はぜひお気軽にご相談下さい。

  • バッグ

    印刷可能なポロシャツー一覧

    レジ袋有料化以降圧倒的に人気を増し提案アイテムとなったトートバッグやサコッシュたち。 エコバッグという言い方でも愛されオリジナル印刷も今後益々人気が予想されます。

※本サイトに記載のない商品はUnited Athle電子カタログ、 またはTOMS電子カタログ(printstar)を参照の上、ご相談くださいませ。

布の種類を言う時に使われる「oz」って?


布の厚さをあらわす単位で「オンス」と読みます。正確には厚さではなく重さを現わす単位なのですが、布生地0の取引の際には重さで金額を決めていました。そういった理由が今でもozという単位が布生地の厚さ、つまりは丈夫さを現わす単位として使われています。 綿素材のTシャツ印刷で標準的な生地厚さは5.0oz~、ハイグレードなもので6.0oz~、でしたが最近はあえて薄手の4.3ozなどを好むアパレルブランドも多くあります。ドライTシャツは吸水性を速乾が売りな為4.3ozなどが好まれます。オリジナルデザインのプリントアイテム人気は生地の厚さに関わらず近年多様化しています。

印刷するアイテムに合わせて最適なプリント方法をご提案!


【推しTeeふぁくとりー】では印刷施すドライTシャツの種類やデザインに最適なプリント方法を提案しています。名入れやネーム入れには刺繍をおすすめしていますがお客様が作成したいポロシャツのイメージに合わせてプリントも柔軟に提案させていただきます。「お客様と一緒に1枚から丁寧に作る」そんな感覚を持ったスタッフがお客様のオリジナル制作の伴走をさせていただきますので「作り方がわからない」そんな不安を抱えている方にこそぜひ安心してご相談いただきたいと思っています。

  • シルクスクリーン印刷

    プリントでは最もドライTシャツによく施されている印刷方法の一つがシルクスクリーン印刷です。色数によって製版代金がかかりますので1色、2色程度での作成の場合、また枚数が20枚程度以上の場合はシルクスクリーンをおすすめしています。2020年秋以降はトートバッグ、エコバッグの依頼が増えてシルクスクリーン印刷も稼働が増え、再注目されている印刷手法です。

  • インクジェット印刷

    製版のいらない印刷方法として近年布プリントの主役として躍り出てきている印刷方法です。ドライTシャツへの印刷加工も増えてきました。ダイレクトプリントなのでカラー数によっての代金の変動がなく、最も自由な表現ができるフルカラープリントと言えます。ドライTシャツの場合、淡色生地へのプリントが一般的です。

  • デジタルトナー転写

    ドライTシャツへの印刷で最もポピュラーなのが転写プリントです。デジタルトナー転写印刷は、レーザープリンターで特殊な転写紙に印刷をしデザイン部分のみを生地に熱圧着させるプリント方法です。ドライTシャツの場合淡色生地でも濃色生地でもどちらでも多く用いられる印刷方法です。アイロンプリントと同じ原理のプリント工程を踏んで作成され、堅牢度が強くインクの剥がれが少ないことでも"安心できる"プリント方法と言えます。

  • カッティング印刷

    単色での表現をしたい方におすすめ。色のついた台紙をデザイン部分で切り抜き、熱圧着するプリント方法です。デジタル転写と同じくアイロンプリントの原理を利用した印刷となります。ドライTシャツへの圧着では大型のヒートプレス機を使い一気に定着させます。自分のイメージがカッティング転写に合っているかなどは丁寧にご説明いたしますのでご安心下さい。

  • 名入れ刺繍

    ドライTシャツでも最も安心できる加工方法が刺繍です。名入れ、ネーム入れ、ロゴ入れなどご検討下さい。プリントに比べると物珍しさがある個性的なオリジナルグッズを生み出したい方にぜひおすすめしたいのがロゴ刺繍、名入れ刺繍、と言えます。刺繍に興味があるけどデータの作り方や表現できる幅がわからないと言う方はすぐにお電話下さい。

Tシャツ印刷関連新着記事一覧


オリジナルTシャツの印刷に関する最新コラム一覧。オリジナルTシャツ作成の参考になれば幸いです。

note ノート 記事見出し画像 アイキャッチ
3751911_s
top_banner2022ver3_2-1
20220330_SDGs

キャラクターグッズ情報


キャラクターグッズの販売情報をお送りしています。アニメグッズ印刷企画の参考にしていただければ幸いです。

オリジナルドライTシャツに関してよくある質問(FAQ)


ドライTシャツのプリントに関してお客様から寄せられた質問をまとめました。ドライTシャツ以外のよくある質問はよくある質問まで。

Q. ドライTシャツとはどんなTシャツですか?

A:
ドライTシャツとはポリエステルを使用した速乾性のあるTシャツです。oz数は薄手で軽くても丈夫で洗濯などによる劣化が無い丈夫な素材として人気です。動きやすく吸水性、通気性が抜群な為スポーツウェアとして愛用されています。厚い時期に特におすすめのTシャツです。

Q. ドライTシャツに適した印刷方法は何ですか?

A:
オリジナルプリントは生地などの素材によって最適な印刷方法があります。ドライTシャツに関しては当店ではシルクスクリーン印刷を推奨しています。通気性が魅力のドライTシャツの風合いと通気性、また吸水性を損なわない印刷方法シルクスクリーンであると当店では判断しています。
シルクスクリーン印刷価格表よりアイテムの詳細はご確認いただけます。

Q. 注文後、印刷されたオリジナルTシャツの到着まではどのくらいかかりますか?

A:
銀行振込の場合はご入金確認、代金引換の場合は内容をご確認のうえ承諾のご連絡をいただきました時点でご成約とし、Tシャツのプリント業務を開始いたします。成約から納品まではおよそ10営業日ほどいただいております。制作開始時にお届け予定日をお伝えいたします。
お急ぎの場合は可能な限りお客様のご要望にお答えできるよう最善を尽くしますのでお気軽にご相談くださいませ。
ご注文から成約まではオリジナルTシャツ作成の流れをご確認下さい。

Q. 自分の作りたいデザインに対してどの印刷方法で作成すればいいのかわかりません。

A:
オリジナルグッズの最適な印刷方法は表現したいデザインや実際に用意したい枚数によって変わります。また重視したいものが印刷の精細さである場合はインクジェット、生地の丈夫さであれば相応のozのTシャツを、価格であれば激安で対応できる方法を。そういったサポートの為に私達がいますので、お客様が表現したいデザインをぜひ一度お伝え下さい。生地印刷のプロがお客様のご要望に徹底的に寄り添います。WEB上で印刷ボディを選択していただきお問合せくださいませ。デザインデータ入稿後でも最適なデザインやサイズ、生地の厚み(oz)などの提案が別であれば提案させていただきますので安心のうえご注文の送信をお願いいたします。
プリント方法や激安価格に関しては、「激安プリント価格表」でご確認いただけます。

Q. オリジナルプリントの製作をお願いする際に必要なものを教えて下さい。

A:
まず、印刷をするボディの種類、印刷方法、印刷サイズ、枚数がわかれば見積もりがご確認いただけます。実際に印刷する際にはデザインデータが必要となります。
デザインデータはお客様にご準備いただくか当社でオリジナルデザインを一から作ることも承っています。お気軽にご相談下さいませ。

Q. プリント用のデータを作ることができません。オリジナルTシャツの作成は可能でしょうか?

A:
もちろんデータがなくてもオリジナルTシャツを作る事は可能です。お客様の方でデータのご用意ができない場合はデザインデータの作成をご依頼いただくことが可能です。
推しTeeふぁくとりー自慢の印刷方法はインクジェット印刷。インクジェット印刷はあらゆる表現を可能にします。
デザインを当社にご依頼いただく場合は他ではないくらい激安金額にてしっかりとご満足いただけるデザインを作成しご確認いただけます。作成されたデザインは買い切りという扱いで今後お客様の方でどのように使われても構いません。

Q. オリジナルTシャツを自分用に1枚だけ作成したいと考えているのですが、1枚から印刷対応していますでしょうか?

A:
Tシャツやその他アイテムは1枚から印刷を承っております。オリジナルTシャツの作成におすすめさせていただいているシルクスクリーン印刷も、1枚からの作成に対応しています。ただし、1枚からの対応をしていない印刷方法もございます。それはインクジェット印刷です。1枚からオリジナルTシャツを作成したい方は、インクジェット印刷以外のプリント方法をお選びください。シルクスクリーン印刷のみならず、デジタルトナー転写やカッティング印刷、名入れ刺繍など特殊な印刷方法も1枚から対応いたします。

よくある質問の続きをみる