アフロおじさんTシャツ


「アフロおじさんTシャツ」詳細

■作家さん:SHさん
■ボディ:UnitedAthle5001のブラック
■印刷方法:濃色インクジェットプリント
■サイズ:170cmの男性でMサイズ
■非売品

細部まで丁寧に書きあげたイラストが印象的な「アフロおじさん」。オリジナルTシャツプリント工房ではサンプルデザインとして使用させてもらっています。濃色インクジェットプリントの特性を細部まで活かした表現になっています。UnitedAthle5001のブラックにプリントしています。

Tシャツ印刷のインクジェットプリントとは

10年以上前ではオリジナルTシャツのプリントと言えばシルクスクリーンが一般的でした。シルクスクリーンは製版がかかる為枚数が多いと割高ですが、刷る工程自体は版にインクスキージするだけと、とても早く数十枚以上印刷する場合はとても割安で印刷できるという特徴がありシルクスクリーン印刷の一般化によりTシャツプリントは爆発的に伸びたと言われています。スキージ作業はインク色は1色につき1刷りという形の作業であることや色は使いまわせない為1色ごとに1つ製版が必要になります。
そういった工程の事情からTシャツのプリントは1色印刷が主流であり、グラデーションのような表現は苦手というのが一般的でした。その当時はTシャツをプリントするニーズと言えばアパレルなどが中心だった為枚数も必然的に多くなり、小ロットでTシャツをプリントするというニーズも開発されていませんでした。
そんな状況ではあったオリジナルTシャツプリントの現場でしたが、髪系のインクジェットプリンターの開発からプリントヘッドの性能がとてもあがり生地へのフルカラー印刷という今までニッチだった領域も近年どんどん開発が進んでいます。

インクジェットとは直接生地にインクを塗布する印刷方法で製版がいらないこと、フルカラー表現ができることが特徴です。プリントヘッドが直接印刷の工程を行ってくれることからダイレクトプリントという言い方をすることもあります。このインクジェット印刷の開発により今まで開発されていなかった小ロット複数デザインのTシャツ印刷が容易になりました。その広がりとともに市場のニーズも多様化しています。

コメントは受け付けていません。

ページトップへ