「ゆるゆり」 プリントパーカー ごらく部、販売開始!

キャラクターグッズの専門ECサイトキャラクタデパートにて「ゆるゆり」プリントパーカーごらく部の販売が開始されました。先行予約期間は2021年5月30日まで。

(C)なもり/一迅社

一迅社の発刊する「コミック百合姫」にて好評連載中の「ゆるゆり」ですがアニメ版もこれまで3期までが放送され安定した人気を誇る作品からは定期的にファン向けのプリントグッズが販売されています。

【ゆるゆり商品一覧】

https://www.charadepa.com/product-list/494

いわゆる”百合作品”と言われるジャンルの人気作なのですが、現代の百合漫画の代表作と言って過言ではないほどの存在感を放っている作品でもあります。「ゆるゆり以前、ゆるゆり以後」と表現されるほどに後発の作品に影響を与えていて安定した人気を誇る作品です。オリジナルグッズも定期的に発売がされ売れ行きも安定している印象です。

「ゆるゆり」作品概要

作中において主要登場人物たちが通っている女子校の七森中学校には、かつて茶道部の部室として使われていた茶室がある。茶道部が廃部になった後は、ごらく部の部室となり、部員たちが放課後の時間を過ごすために使っている。原作版の部室は原作者であるなもりの実家の座敷をモデルに描かれているが、テレビアニメ版では部室は校舎の離れにあり、実際の茶室を参考に描かれている。
本作は富山県の私立中学校である七森中の「ごらく部」に所属する女子中学生4人と、それを取り巻く生徒会の女の子や家族が贈る、時に笑いあり、時に百合ありのまったりとした日常生活を描く。個性的な登場人物たちの中にあって存在感の薄さを理由にいじられる主人公を据え、軽い同性愛にも見えてしまう女子校の気風の中のちょっとした笑いや、片想いが連鎖する人間関係、たまに起こる本気度の高い同性愛感情によるハプニングなどが、緩やかな空気感の中で扱われている。

ゆるい百合作品ということなのだとは思うのですがそう一言にいってしまうのは作品に失礼なほどゆるやかでもほんわかした日常にありそうなでも少しドキッとさせる世界観を表現した絶妙な作品です。
そういった表現が多くのファンの心をつかむ要因なのではないでしょうか。

「ゆるゆり」プリントパーカーごらく部の商品画像

「ゆるゆり」プリントパーカー仕様

■商品サイズ:XLサイズ(身丈:73cm 肩幅:53cm 袖丈:63cm)
■素材:綿
■販売価格:7150円(税込)

お届けは2021年7月頃となります。ちょっと時期はずれてしまいますが予約販売商品ですのでゆるゆりファンの方はぜひこの機会をお見逃しなく!

オリジナルプリントパーカーの制作は

オリジナルTシャツプリント工房ではオリジナルプリントパーカーの制作も随時承っています。パーカーは生地が厚いこととジップアップやフードの関係などでTシャツに比べると表現に制限があります。しかしその分工夫次第でちょっとかわったプリントパーカーを制作することができますのでぜひお気軽にパーカー制作についてご相談下さい。

プリンタブルパーカーの一覧はこちら

コメントは受け付けていません。

ページトップへ