呼吸困難

猫が布団に入ってくるようになりました(ガッツポーズ!)

奥村です。おはようございます。

 

毎週火曜日の朝は定例ミーティングがあります。

私はいつも10時からお仕事なのですが、ミーティングは9時からなので一時間早く出勤するのですが、この一時間の差ってものすごく大きい。

私が乗る駅は始発なのですが、一時間早いと一旦ドア閉め乗車を行っている。

この習慣が私にはないので開いたらすぐ乗ろうとしてしまうのですが、みんなはおとなしく待っています。

こういうところって日本人すごいなと思います。

そして何よりも満員度が一時間違うと全く違います。

今日は物凄い香水臭い人がいて、寝ていた私は一回匂いで起きました。

そして今度は座っている私の膝にこれでもかと鞄の角をぶつけてくる人がいる。

混んでるから仕方ないのかもしれないけどもうちょっと気遣いってないかなぁなんて思ってしまいます。

一番酷いのは降りるときに入口に立っている人が踏ん張って動かないことです。

何故そんなに入口を死守するのか。

私は全身力を込めてその人を押し出して降りるわけで、これってもう100%無駄な労力だと思うんですよね。

みんながみんな小さな気遣いがあるだけで満員電車だって気持ちよく乗れるだろうにと思うのですが、こればかりは永遠にダメなのだろうなとも思います。

朝ってみんな感情を殺してるように見えるんですよね。

無表情無感覚で通勤しているというか。

とあるツイートで確かに、と思ったのが「東京の人は目の前で人身事故が起こっても舌打ちと時計を気にする人ばかりで、明日からも目の前の事故現場の上を通るのに何も思っていない人が多いことだ」というものです。

これは本当に恐ろしい話だなと思うのですが、実際そうなんですよね。

事故現場の写真を撮ってアップしている人とかどういう神経してるのかななんて私は思ってしまいます。

でもこういう人も世の中には結構いるのです。

朝って清々しく、気持ちよく過ごしたいものじゃないですか。

なのに通勤するだけですべてを殺してただ会社に行くことだけを任務として狭い箱に自ら押し込まれて向かうわけです。

なんて考えると悍ましいなと思いますし、自分もその中の一部なんだと思うとなんだかなぁと思います。

電車の本数増やすとかではなくて、みんなの意識が変わればいいのに。

都知事も満員電車に乗ってみれば今のごたごたぐずぐずがいかに緩い環境の中で行われているかわかるんじゃないですかね(今日の奥村さんはちょっと社会的)

 

私は今、Tシャツの製作から一戦退いて後輩に任せています。

後輩ちゃんは入ったばかりでまだまだたくさんわからないこともあるのに、いつも元気で一生懸命印刷してくれています。

Tシャツの印刷って楽しいよという気持ちが教えている時に少しでも伝わっていたらいいなと思っているのですがどうでしょうか。

きっともっとこれからいろんな事が起こると思うし、つらいこともあると思うんですけどそんな時に私と一緒に印刷してた時を思い出して「なんだかんだいっても製作って楽しいなぁ頑張ろう」って思ってくれるといいなと思っています。

printstar_47

Printstar 4.7oz スタンダードTシャツ

後輩ちゃんはライトピンクのキッズサイズを印刷してました。

サイトに載っていないサイズもお取扱いしている場合がありますので、お気軽にお問い合わせください。

 

オリジナルTシャツ 製作

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ